定番おかず:うちのささみカツ


↑現在の好旨庵の1人前=鶏のささみ(大きめ)1本分。薄いけど案外ボリュームあり。
トンカツよりローカロリー&ローコストです。山ほど野菜を添えてどうぞ!


鶏のささみはすじを取るついでに包丁を軽く入れ、厚みをだいたい均等にします。
ビニール袋に入れしょうゆ・みりんなどで適当に下味をつけ、冷蔵庫で寝かせておきます。
この工程は唐揚げを作るときと一緒です。あとはトンカツ同様にパン粉をつけて揚げるだけ。
パン粉をまぶすときに手でぎゅうぎゅう押すだけで、写真のように伸びるんですよ。

下味がしっかりついているので基本的にソースなしで食べます。
最近流行っているジュレタイプのポン酢をのせてもおいしいかも(未確認)。
ソースで食べたいひとは下味を塩こしょうだけにしたほうがいいと思います。

揚げたてがもちろん最高ですが、脂身がないので冷めてもいけます。弁当にもよし。

華正楼の肉まん


ariが仕事で横浜に行き、帰りに華正楼の肉まんを買ってきてくれました。
いつも通りの時間に帰る予定だったので、蒸す準備をして待機。


蒸籠には入らず、うちで一番大きい直径24cmのルクルーゼに簡易蒸し器を入れて
ぎりぎり3個蒸せるサイズ。1個で大人が満腹になります。
一応副菜を作ってみたけど要らなかったかも・・・。

今回「実は新宿の高島屋でも買えるんだね・・・」と気づいてしまったari。
新宿ならしょっちゅう行くからありがたみが薄れたと言ってましたが、
私なんか新宿だってここ数年行けてないからありがたいよ。
いずれにしてもここの肉まんは子どもの頃からのオールタイムベスト1です。

【この日の献立】
・華正楼の肉まん
・春雨サラダ(きゅうり・ツナ・コーン)
・くずし豆腐とえのきの中華スープ

つくばミーティング@好旨庵 2011秋



今日のランチはワンプレート形式でお出ししました。

【この日の献立】
・バターチキンカレー(鶏もも肉・トマト缶・玉ねぎ他)
・ターメリックライス(白米+押麦)
・好旨庵風にんじんサラダ(にんじん・ツナ・レモン)
・ルッコラ+シーザードレッシング少々
・ミニトマトのマリネ+いんげん塩ゆで

いかのわた炒め


新鮮なスルメイカ1ぱいとねぎでサッと作れるおかず。


私はいかの塩辛が苦手なのですが、これは大丈夫。
帰省したときに実家で食べておいしいと思ったので再現しました。

いかをさばいて皮をむいたら、ゲソ・身・エンペラを食べやすく切ります。
せん切りにしたねぎの青いところと切ったイカをなたね油でさっと炒め、
わた袋の中身(墨は入れない)と味噌・酒を加えてからめるように炒めあわせるだけ。
単品で食べておいしいくらいのうすあじに仕上げました。
この日は在庫が少量でしたが、青ねぎは多めがいいと思います。

実家の母は身を刺身にして残ったゲソとエンペラだけで作っていたので
もっとわた率が高くソース部分がとろっと濃厚でした。さらにごはんに合う感じ。
これからいかはもっとおいしくなるので、新鮮なのを見つけたらまた作りたいです。



【この日の献立】
・小林家の酢鶏 葉つきセロリ添え
・いかのわた炒め(ねぎ)
・和風ラタトゥイユ(かぼちゃ・なす・ピーマン・しいたけ・トマト)
・ごはん(白米)
・かきたま汁(卵・たまねぎ)

ベビーコーンを食べる


ヤングコーンとも言いますが、私はベビーと言いたくなります。
実の味はほとんどしなくて、大きくなったら固くて食べられない芯を食べるもの。



キャベツといんげんをあわせて、粒マスタード入りのフレンチドレッシングで。



【この日の献立】
・豆入りドライカレー(合い挽き肉・大豆ドライパック・玉ねぎ・人参・セロリ)
・目玉焼き
・ターメリックライス
・ベビーコーンとキャベツのサラダ(いんげん)
・パイナップルラッシー(ヨーグルト・牛乳・カルピス完熟パイン)

週末のariごはん


自分が食べたかったらしく、日曜日の夕食は突然ari餃子になりました。
ごはスラ継続中の妻にはありがたい気まぐれ。


ひき肉ではなく豚バラをたたいて使うのがari流。
息子Mはものすごく楽しみにしていたのに、17時に電池が切れてしまい、
起こしても起きないので、大人だけでおいしく食べました。



最近ariが気に入っているというソーミンチャンプルも出てきました。
シンプルな具と味つけが餃子に合うことを発見。


しかし餃子ってビール飲みたくなりますね!
ノンアルコールビールでほろ酔いになる私でさえちょっと飲みたくなる不思議。

れんこんのバターきんぴら

息子Mがじゃがいもの次に好きな野菜。それはれんこん。
つくば近郊はれんこんの産地なので、直売所などで規格外のれんこんを安く買えます。
大きさや穴のかたちが不揃いですが、ふだん食べるには十分!


薄い輪切りにしたれんこんをバターで炒めます。
火が通ったところでつくりおきの好旨庵風にんじんサラダを混ぜただけの簡単な一品。
味見して足りなければ塩で味を調えてください。お弁当のおかずにも便利です。

しょうゆ味のきんぴらも好きだけれど、バター味はれんこんの甘みをダイレクトに味わえます。
パセリを振るとさらに彩りがよくなりますね。大人はブラックペッパーも是非。

定番おかず:ピーマンのみそ炒め

突然、無性にピーマンを食べたくなるときがあります。
何故なのか?・・・自分でもよくわからないのです。


肉厚で張りのあるつやつやした新鮮なピーマンを選びます。
地元の直売所で買った1袋全部、すぐにせん切りしました。
ごま油で全体にかさが減ってしんなりするまで弱めの中火でじっくりと炒めます。
見た目は悪いけど、緑の色があせるくらいの方が甘みが出ておいしい。
最後にみそとみりんを合わせたたれをからめて照りが出たらできあがり。
白ごまをたっぷり振りかけてどうぞ!


あえて肉っ気なし!大きめ5個分ですが、カサが減るのでこんな少量に。
冷蔵庫に保管して翌朝冷たいままほかほかご飯にのせるのも最高。


夏休み終了と同時に気が抜けたのか「ごはスラ」(←たろさん語)まっただ中です。
自分が食べたいものは家族にはウケが悪かったりするし。迷い道くねくね。

不評のバースデーケーキ



実家からフォションのブルーベリージャムをもらいました。
瓶が巨大だししっかり甘いので、ふと思いつきでこのジャムをたっぷり使って、



レアチーズケーキにゼリーの層をのせてみたのです。
そしたら濃厚すぎて不透明な紫の層になりました。ぎゃーっ!!
不気味なバースデーケーキよこんにちは。



ariの誕生日なのでケーキは作らなくてもよいのですが、
Mが「お父さんにケーキ作ろうよ!ロウソクもふーしないとね!」とはりきるもので、
苦手なお菓子づくりに取り組んだのですよ。
それなのに言い出しっぺのMはひとくちしか食べず・・・。
ブルーベリーは好きだけど、あのゼリー層はお好みじゃなかったようです。脱力。