切り干し大根と人参のツナ和え


前記事のシュウマイを作った日の副菜のひとつ。
好旨庵風にんじんサラダを作成中に余ったレモン・ツナ缶を利用して
思いつきでやってみたらおいしかったのでメモ。

洗って水でもどした切り干し大根と塩もみした細切り人参をどちらもしっかりしぼってから、
レモン汁・ツナ缶(オイルごと)で和えます。
人参とツナ缶の塩分があるので、一度味見してからしょうゆときび砂糖で味を調えました。
最終的にこれだけをぼりぼり大量に食べられる程度のうす味が推奨です。

ツナ&レモンで切り干しのにおいを抑え、砂糖としょうゆで甘めの味にしたので
息子Mも食べてくれます。汁気も少ないのでお弁当にも便利。

もう君を忘れない



これまで数え切れないほどの回数作ってきた好旨庵風シュウマイ。
(シュウマイの周りにぎゅうぎゅうキャベツを詰めて蒸してます)

毎回目分量で作っても失敗がない、わが家の定番でしたが、
この日は食べた瞬間「なにかが足りない・・・」と気づきました。

それはごま油。ほんのちょっと入れるだけのごま油。
あの風味がシュウマイのアイデンティティだったとは・・・。
ちなみに他の調味料はしょうゆ・砂糖・紹興酒・塩・こしょうです。
慣れって怖いわと反省。


好旨庵風シュウマイの鉄則
(1)ひき肉ではなく豚ばらの薄切りを包丁でたたいて使う。
(2)ほたて貝柱缶(フレーク)を汁ごと入れる。
(3)できればもどした干しえびも刻んで入れる。
(4)現在は息子に合わせて玉ねぎメインだけれど、長ねぎも入れる。
(5)蒸籠で蒸す。

簡単な料理だけれど、長年作ってきてわが家流のこだわりがあります。
でもごま油を忘れたら元も子もなし。リメンバー・セサミオイル!

【この日の献立】
・好旨庵風シュウマイ&蒸しキャベツ
・切り干し大根と人参のツナ和え
・レタスとミニトマト
・ごはん(白米)
・みそ汁(豆腐・いんげん)

高山なおみさんの蒸し鶏

以前NHK「きょうの料理」のテキストを毎月買っていたときがあります。
先日そのテキスト2〜3年分を全部処分したのですが、
付箋がついていて今もよく作ってるレシピだけ切り取っておきました。

蒸し鶏パリパリ1
その中のひとつが高山なおみさんの「蒸し鶏」。
現在はみんなのきょうの料理でレシピをみることができて便利です。
ちなみに高山さんのレシピ一覧はこちら

この蒸し鶏を作っておくといろんな料理に応用できて便利です。
前回の記事の献立に書いた「蒸し鶏サラダ」もこのレシピで。

蒸し鶏パリパリ2
これは高山さんの「蒸し鶏のパリパリ焼き」に展開した日の献立。
写真がイマイチで皮のパリパリ感が伝わりませんがおいしいです!
元レシピではねぎだれをかけるのですが、息子Mが苦手なので
ねぎと豆板醤をのぞいた甘めの中華だれをかけました。
たれ次第でさっぱりにもこってりにもエスニックにも。

なすといんげんの南蛮漬け



前日友達が作って持ってきたなすとピーマンの南蛮漬けがおいしかった!
たれのレシピを聞いて早速作りました。
味の記憶があるうちに作ると、再現度が高いしレシピも身につく気がします。
本日ピーマンは値段が高かったのでいんげんで。
粗熱をとり冷蔵庫でしっかり冷やしてから食べます。

*たれの配合  しょうゆ・だし各大さじ2 砂糖・みりん・酢各大さじ1

           注)鷹の爪を加えるのを忘れないこと!

【この日の献立】
・蒸し鶏サラダ(レタス・木綿豆腐・トマト・大葉)
・子持ちししゃも
・なすといんげんの南蛮漬け
・ごはん(白米)
・みそ汁(じゃがいも・玉ねぎ)