鶏むね肉のしっとりソテー




てんきち母ちゃんの鶏胸肉のしっとりソテー@玉ねぎソースを作りました。
お肉はしっとりやわらかく仕上がりとてもおいしいです。
短時間でできる「鶏はむ」風でしょうか。
ただ玉ねぎソースはわが家の男子たちには甘すぎたようです。
ariはむしろわさび醤油で食べたいと言ってました。次回はそれで。

冷凍しておいたおからとポークビッツがあったのでクックパッドで検索。
栄養満点☆おからビッツサラダを作ってみました。
卯の花などは好まないariにはしっとりしていて食べやすいと好評。
Mはマヨネーズも好きでないのでこれは食べず。
私自身はだしをたっぷり含ませた卯の花が一番好きです。
・・・どうすりゃいいの?!


【この日の献立】
・鶏むね肉のしっとりソテー@玉ねぎソース
・ごま高菜入りだし巻き玉子
・おからビッツサラダ(ポークビッツ・人参・玉ねぎ・枝豆)
・細切り昆布の炒め煮(ちくわ)
・たくあん
・ごはん(7分づき米)
・みそ汁(キャベツ・松山揚げ)

れんこんとしいたけのはさみ揚げ


中身は豚ひき肉と玉ねぎのシンプルなたねです。からし醤油で。

れんこんのはさみ揚げが好きなんです。肉だねはちょっとでいいので経済的。
余ってたしいたけにものせてみました。
そしたら肉厚の大きなしいたけがジューシーですごくおいしい!
このご時世で菌床栽培ですが、十分だなと思いました。

【この日の献立】
・れんこんとしいたけのはさみ揚げ
・水菜とミニトマト(アイコ)
・冷ややっこ
・たくあん
・ごはん(7分づき米)
・みそ汁(なす)

定番おかず:あじハンバーグ


夜は写真を撮れなかったので、翌朝ワンプレートに盛りつけて自分のお昼に。
たまごやきとうさぎりんごは朝作った息子Mの弁当おかずの残りです。


生協の「とれとれあじ」(冷凍のあじのたたき身)で作ったハンバーグです。
ほぼパッケージ裏に書いてあるレシピそのままでおいしい。
あじは青魚だけれどくさみが少ないので子どもにも好評です。
翌日の弁当にも入れました。

この日は夕食まで時間ギリギリだというのに
Mが「お手伝いしてあげるよ」と上から目線で登場。
丁重にお断りするも、成形とフライパンへの投入を強行しました。
そのため形が大変いびつになりましたが、本人ご満悦でなによりです・・・。
生姜醤油などでさっぱりと食べました。

【この日の献立】
・あじハンバーグ(玉ねぎ)
・なすの塩炒め
・ジャーマンポテト(じゃがいも・玉ねぎ・ベーコン)
・水菜ときゅうりのサラダ
・ごはん(7分づき米)
・みそ汁(キャベツ・しめじ)

定番おかず:にら豚炒め


にらってたいてい安いですね。野菜の特売日に必ず安くなるのもにら。


ariはレバーが好物なのでほんとはニラレバにすると喜ぶんだけれど、
私がどうしても苦手なので(チャレンジ済)豚肉で勘弁してもらいます。

豚こまに塩・こしょう・紹興酒(または酒)で下味をつけ、片栗粉を薄くまぶす。
フライパンを熱しなたね油少でにみじん切りの生姜を炒め香り出し。
強火で豚肉を焼きつけ、火が通ったら適当に切ったにらを入れる。
すぐにオイスターソースで調味し、ごま油少々とこしょうで仕上げ。以上!

余熱でもにらに火が入りかさが減るので、肉よりかなり多めが正解です。
オイスターソースだけで味が決まるので、忙しくて何も考えたくない日に。

【この日の献立】
・にら豚炒め
・冷ややっこ+おろししょうが
・ごはん(7分づき米)
・ごぼうの具だくさんスープ(ごぼう・にんじん・玉ねぎ・ベーコン)

ピーマンの肉詰め


合いびき肉とピーマンがあったので、突然思い立ってやってみました。
昭和の香りがする料理だと思います。息子Mは中身だけ食べました。


こんな定番家庭料理、実は作ったことがほとんどなかったような・・・。
作りながらよみがえる記憶。
そうだ、新婚時代に作って失敗したんだった。
ピーマンから肉だねが全部はがれて、できたのは「ハンバーグとピーマン」。

10年経った今ならどうすればはがれないかわかります。
薄く小麦粉を振ったピーマンに肉だねは盛り上げてたっぷりと。
肉を下にして焼きつけたら、決してひっくり返さないこと。

和風だれで蒸し焼きにし、引き上げてからたれにとろみをつけてかけました。
余ったピーマンも一緒に焼いて上にのせてます。



【この日の献立】
・ピーマンの肉詰め
・じゃがいものフリッタータ(イタリア風オムレツ)
・卯の花(にんじん・玉ねぎ・干し椎茸・にら・豆乳)
・坊ちゃんかぼちゃのサラダ(玉ねぎ)
・ごはん(白米)
・みそ汁(なす・うすあげ)

定番おかず:豆腐ステーキきのこソース



あさこさんが作っていらしたのを見て、翌週好旨庵も久々に作りました!
思い出させてくれてありがとうございます☆
よく作るおかずなのに夏の間すっかり忘れていました・・・暑すぎて。
この日のきのこはたまたま在庫があったしめじとしいたけの2種類です。


うちの定番はきのこ2種類以上とにんじん・たまねぎをさっと炒め、
すきやきっぽく甘辛い味にし少しとろみをつけたソース。
きのこはまいたけとえのきが入るとさらにおいしいんです。
豆腐は粉なしでそのまま焼きつけました。


【この日の献立】
・豆腐ステーキきのこソース
・焼きなすのわさびポン酢かけ+きざみ大葉
・しらすおろし
・スティックきゅうり+コチュジャンマヨネーズ
・ごはん(白米)
・みそ汁

定番おかず:うちのささみカツ


↑現在の好旨庵の1人前=鶏のささみ(大きめ)1本分。薄いけど案外ボリュームあり。
トンカツよりローカロリー&ローコストです。山ほど野菜を添えてどうぞ!


鶏のささみはすじを取るついでに包丁を軽く入れ、厚みをだいたい均等にします。
ビニール袋に入れしょうゆ・みりんなどで適当に下味をつけ、冷蔵庫で寝かせておきます。
この工程は唐揚げを作るときと一緒です。あとはトンカツ同様にパン粉をつけて揚げるだけ。
パン粉をまぶすときに手でぎゅうぎゅう押すだけで、写真のように伸びるんですよ。

下味がしっかりついているので基本的にソースなしで食べます。
最近流行っているジュレタイプのポン酢をのせてもおいしいかも(未確認)。
ソースで食べたいひとは下味を塩こしょうだけにしたほうがいいと思います。

揚げたてがもちろん最高ですが、脂身がないので冷めてもいけます。弁当にもよし。

華正楼の肉まん


ariが仕事で横浜に行き、帰りに華正楼の肉まんを買ってきてくれました。
いつも通りの時間に帰る予定だったので、蒸す準備をして待機。


蒸籠には入らず、うちで一番大きい直径24cmのルクルーゼに簡易蒸し器を入れて
ぎりぎり3個蒸せるサイズ。1個で大人が満腹になります。
一応副菜を作ってみたけど要らなかったかも・・・。

今回「実は新宿の高島屋でも買えるんだね・・・」と気づいてしまったari。
新宿ならしょっちゅう行くからありがたみが薄れたと言ってましたが、
私なんか新宿だってここ数年行けてないからありがたいよ。
いずれにしてもここの肉まんは子どもの頃からのオールタイムベスト1です。

【この日の献立】
・華正楼の肉まん
・春雨サラダ(きゅうり・ツナ・コーン)
・くずし豆腐とえのきの中華スープ

つくばミーティング@好旨庵 2011秋



今日のランチはワンプレート形式でお出ししました。

【この日の献立】
・バターチキンカレー(鶏もも肉・トマト缶・玉ねぎ他)
・ターメリックライス(白米+押麦)
・好旨庵風にんじんサラダ(にんじん・ツナ・レモン)
・ルッコラ+シーザードレッシング少々
・ミニトマトのマリネ+いんげん塩ゆで

いかのわた炒め


新鮮なスルメイカ1ぱいとねぎでサッと作れるおかず。


私はいかの塩辛が苦手なのですが、これは大丈夫。
帰省したときに実家で食べておいしいと思ったので再現しました。

いかをさばいて皮をむいたら、ゲソ・身・エンペラを食べやすく切ります。
せん切りにしたねぎの青いところと切ったイカをなたね油でさっと炒め、
わた袋の中身(墨は入れない)と味噌・酒を加えてからめるように炒めあわせるだけ。
単品で食べておいしいくらいのうすあじに仕上げました。
この日は在庫が少量でしたが、青ねぎは多めがいいと思います。

実家の母は身を刺身にして残ったゲソとエンペラだけで作っていたので
もっとわた率が高くソース部分がとろっと濃厚でした。さらにごはんに合う感じ。
これからいかはもっとおいしくなるので、新鮮なのを見つけたらまた作りたいです。



【この日の献立】
・小林家の酢鶏 葉つきセロリ添え
・いかのわた炒め(ねぎ)
・和風ラタトゥイユ(かぼちゃ・なす・ピーマン・しいたけ・トマト)
・ごはん(白米)
・かきたま汁(卵・たまねぎ)