蒸しなすと冷しゃぶのピリ辛だれ


このたれをノンオイルのポン酢などにすると更にさっぱりします。


なすはへたを落とし皮をむいてから、10分ほど水にさらしてアクをぬくと
ラップに包んでレンジで蒸しても色がきれい。
冷めてから手で6分割し、湯むきトマトとともに冷蔵庫で冷やしました。
冷しゃぶは豚ロースで。ゆでた肉は冷水にとらずざるに上げて自然に冷ましてます。
たれは食べるラー油+しょうゆ・酢・白ごまで。
在庫がなくて省略しましたが、細切りの大葉を天盛りすると目にうつくしいです。

【この日の献立】
・蒸しなすと冷しゃぶのピリ辛だれ
・きゅうりのもずく酢和え
・ごはん(白米)
・みょうがのかき玉汁

牛肉とごぼうの甘辛煮


本来はしらたきをたっぷり入れるべし。
おでんに入れた小結びしらたきの残りをほどいて入れようとしたら
ほどききれず束のまま薄切りする羽目に・・・。

ちょっと濃いめに味つけして、食欲わかない日のごはんの友にします。
子供も食べられるように生姜は控えめ。

【この日の献立】
・しめさばの昆布じめ
・牛肉とごぼうの甘辛煮
・なすの焼きびたし
・だし昆布の煮物
・ごはん(白米)
・みそ汁(にらたま)

昆布のだしがらで一品


だしをひいたあとの昆布を貯めておき、包丁で細切りしたもの。



豚こま少々入れて煮ました。煮汁はだし・醤油・きび砂糖・酢です。
酢を入れるとやわらかく煮上がると実家の母に教えてもらいました。



3日目には炊き込みごはんの具にして食べきり。

【この日の献立】
・豚キムチの蒸しキャベツ添え
・じゃがいもと3種豆のグラタン(玉ねぎ・チーズ)
・炊き込みごはん(白米・にんじん・だし昆布の煮物)
・いわしのつみれ汁(とれとれいわし・大根・にら)

豚キムチon蒸しキャベツ



にらの入った豚キムチを野菜多めの主菜にしたくて。
軽く蒸したキャベツ(味つけなし)にからめながら食べました。

一緒にキャベツを炒めてしまうと味が薄まるせいかパンチがないのです。
こうするとキャベツの甘さがひきたつし、豚キムチは少しで十分。
盛りつけられず別皿にしてますが、キャベツはこの倍量を食べました。
今キャベツが安くておいしいです。

皮をむいて冷やして切るだけ


トマトサラダ
イマイチなトマトもそれなりにおいしく食べる秘訣。
それはちょっと面倒でも湯むきし、もう一度しっかり冷やすこと。
あとは切るだけのトマトサラダ。

こないだトマトを箱でいただいたので、湯むき後にミルサーでジュースにもしました。
皮を除くとピンクに近い淡い赤に仕上がり、見た目はスイカジュースのよう。
はちみつを少し加えるだけで息子Mも「おいしいね!」と飲んでました。
大人はレモン汁を入れるとさわやかに。

【この日の献立】
・バターチキンカレー
・ごはん(白米+押麦)
・かぶと水菜のマリネ
・トマトサラダ

好旨庵のジャーマンポテト



わが家の男子は二人ともじゃがいもが好きです。
それも男爵系の加熱するとほくほくと粉っぽくなるタイプが。

男爵系のじゃがいもをレンジで蒸かし、適当な厚さにスライスする。
みじん切りのにんにくをオリーブオイルで炒め香りを立たせてから
玉ねぎとベーコンをしっかり炒め、甘みを出す。
そこにじゃがいもを入れておいしい油を吸わせる感じで炒める。
味つけは塩とこしょうのみ。最後にドライパセリを振る。以上。

非常に単純ですが何回作っても喜ばれる一品。
にんにくとオリーブオイルは省略しないことが肝要。
塩は適度にきかせないと間の抜けた味になります。

【この日の献立】
・牛肉とごぼうの甘辛煮(しらたき入り)
・野菜炒め(キャベツ・もやし・舞茸・人参・玉ねぎ・卵)
・ジャーマンポテト(じゃがいも・玉ねぎ・ベーコン)
・ごはん(白米)
・みそ汁(大根・松山揚げ)

GABAN黒胡椒シーザードレッシング



夫ariは市販でも私の手作りでも、ドレッシングに関してはストライクゾーンが狭い。
そのariが最近お気に入りの市販ドレッシングがこれ。

こないだは手でちぎったレタスと大葉を混ぜたグリーンサラダにかけました。
大葉は1枚を半分くらいにちぎる感じで大きめがポイントです。
内容が全然シーザーサラダじゃないけれどariに好評。
レタスだけだと単調で飽きるんですよね。

もっと食べたかった!

今年はもう旬が過ぎてしまったけれど。


筋をとったらゆがかずに、なたね油でサッと炒めて塩こしょうしただけ。
一番好きなさやいんげんの食べかた。



小粒新じゃがの揚げ煮。皮の香りがなんともいえず季節を感じます。

そろそろ夏野菜がおいしくなってきますね。
好旨庵の花壇の畑にはariがなすとトマトの苗を植えました。

切り干し大根と人参のツナ和え


前記事のシュウマイを作った日の副菜のひとつ。
好旨庵風にんじんサラダを作成中に余ったレモン・ツナ缶を利用して
思いつきでやってみたらおいしかったのでメモ。

洗って水でもどした切り干し大根と塩もみした細切り人参をどちらもしっかりしぼってから、
レモン汁・ツナ缶(オイルごと)で和えます。
人参とツナ缶の塩分があるので、一度味見してからしょうゆときび砂糖で味を調えました。
最終的にこれだけをぼりぼり大量に食べられる程度のうす味が推奨です。

ツナ&レモンで切り干しのにおいを抑え、砂糖としょうゆで甘めの味にしたので
息子Mも食べてくれます。汁気も少ないのでお弁当にも便利。

もう君を忘れない



これまで数え切れないほどの回数作ってきた好旨庵風シュウマイ。
(シュウマイの周りにぎゅうぎゅうキャベツを詰めて蒸してます)

毎回目分量で作っても失敗がない、わが家の定番でしたが、
この日は食べた瞬間「なにかが足りない・・・」と気づきました。

それはごま油。ほんのちょっと入れるだけのごま油。
あの風味がシュウマイのアイデンティティだったとは・・・。
ちなみに他の調味料はしょうゆ・砂糖・紹興酒・塩・こしょうです。
慣れって怖いわと反省。


好旨庵風シュウマイの鉄則
(1)ひき肉ではなく豚ばらの薄切りを包丁でたたいて使う。
(2)ほたて貝柱缶(フレーク)を汁ごと入れる。
(3)できればもどした干しえびも刻んで入れる。
(4)現在は息子に合わせて玉ねぎメインだけれど、長ねぎも入れる。
(5)蒸籠で蒸す。

簡単な料理だけれど、長年作ってきてわが家流のこだわりがあります。
でもごま油を忘れたら元も子もなし。リメンバー・セサミオイル!

【この日の献立】
・好旨庵風シュウマイ&蒸しキャベツ
・切り干し大根と人参のツナ和え
・レタスとミニトマト
・ごはん(白米)
・みそ汁(豆腐・いんげん)