a la campagneのジュレ


左からラ・フランス、シトラスミックス、ピンクグレープフルーツ。

早くも本格的に暑い・・・。
こんな夏には眼にも涼しいひんやりデザートが嬉しいものです。

新鮮な果物をふんだんに使って洋酒で風味づけし、ゆるーく固めたゼリー。
家庭では案外こういうゼリーは作れないんですよねえ。
おもたせを大喜びでいただきました。

伊藤まさこの雑食よみ


いつか家を建てることがあったら、壁一面の大きな本棚がほしい。


伊藤まさこさんの読書をめぐるライフスタイル&エッセイ本。
お友達に借りて読みました。
もう手元にないので詳細まで言及できないけれど、
「雑食よみ」というタイトルにすごく共感。
自分の読書スタイルを問われたらそう答えればいいのか!と思って。

まさこさんが現実逃避のために体勢を整えて一気読みするという「ガラスの仮面」。
私も小学生の頃熱中して、思わず中学で演劇部に入っちゃったくらいです。ぷぷ。
それにしても自分が40代になっても完結していないとは!
当時の私には想像もできませんでしたよ・・・美内すずえ先生。

アジのポテト焼き


焼いたアジの皮目と細切りじゃがいものカリカリがおいしい!


ぜいごを取って3枚におろし(ここまではスーパーの鮮魚コーナーで頼める)
小骨を抜いたアジを食べやすい大きさにカット。
水気をふいたら塩こしょうをして、両面に片栗粉を薄くまぶす。
せん切りスライサーでじゃがいもを細いせん切りにし(決して水にはさらさない)
適当な量ずつアジの身の面にのせ、押さえつけて平らにする。
多めのオリーブオイルを熱したフライパンで、じゃがいも面から焼く。
じゃがいもにおいしそうな焼き目がついたら裏返し、皮目もかりっと焼く。

じゃがいも星人の息子も好きな魚料理。実家で教わりました。
好旨庵ではシンプルにしょうゆで食べますが、
フレッシュトマトのサルサなんかも合いそうです。

モノ好き#108 加賀いろはテトラシリーズ



アルミのチャックつき袋の柄がかわいいのです。

金沢を旅したのはもう7年も前。
丸八製茶場で献上加賀棒茶を買って帰り、しばらく愛飲していました。
棒茶は茎だけのお茶を焙じたもの。熱湯で淹れます。
一般的なほうじ茶より香りが鮮烈で水色は淡く、フレッシュな味わい。
夏は水出しにするとまたおいしいのです。

先日ひさびさにサイトをみたら、こんな絵柄入りのティーバッグのシリーズが!
昨秋に新登場の「加賀いろは テトラシリーズ」です。
KUTANI SEALとのコラボ商品なんだそう。

湯飲みやマグカップで気軽に1杯ずつ淹れるというコンセプト。
6個入りの小袋はちょっとしたプレゼントや手土産にとても重宝します。

好旨庵風炒り豆腐


使用目的が決まっていない木綿豆腐が1パックあるときによくつくる炒り豆腐。

息子Mは長ねぎは×。小ねぎでもダメで、なぜかニラは大丈夫。
なので青みにはニラを入れています。
他には玉ねぎ・にんじん・ちくわ・卵。

うちの炒り豆腐、実はにら玉ふうな味になってるかも。