光の階段


つくば駅のバスターミナルからセンター広場に上がっていく階段。
暗くなってから通るとなかなかきれいです。



ようやく年賀はがきを購入。
近所の小さな郵便局は郵便窓口に列ができていて、
最後尾に並んだら自動ドアが閉まらなくなり困りました・・・。
センサーよ、空気を読め!(八つ当たり)

カルピス友の会通信vol.49

カル友のみなさま、こんにちは。副会長のぽぽんちです。
もう12月ですね。実はまだ年賀状を買っていません・・・。



11月14日発売の「朝摘みいちご 練乳仕立て」です。
カスミでいち早く298円になっていたので購入。売れ筋なんでしょう。

冷蔵庫にまだぶどうがあるので、まだ飲んでいませんが、
昨年apple8会長が絶賛していましたね。そういえばパッケージも一緒だわ。
10年以上季節限定品をフォローしてきたカルピス友の会ですが、
新製品戦国時代を経て、今は定番安定期なのかもしれません。


カルピス友の会は2005年にスタートした勝手にカルピスを楽しむ会。
「カルピス好きならみな会員」(by apple8会長)です。
カルピス友の会通信も2005年8月からゆるゆると発行し続けて、次はvol.50。
次回はvol.1からの記事を全部見られるリンクページを作成予定です。

Handmadeチャリティマーケット@poco.a.poco

29日のチャリティマーケット当日、会場のpoco.a.pocoさんに潜入。
ものすごく素敵なヘアサロンでした!こんなおうち、いいなあ。



これまた素敵なおさいほうばこスタッフ7名が開店準備に余念のない中、
写真を撮らせてもらいました。


展示品の詳細レポートはちえぞうさんのブログ(おさいほうばこ公式)をご覧ください。



緑まぶしい窓辺のアクセサリーコーナーは洗練されたスタイリング。
大人っぽいビーズと革の作品群にうちの子たちも混ぜていただき感激でした。
お買いあげくださった方にはひとりひとりお礼を言いたい気持ちでいっぱい。




入口正面から左奥を見たところ。
サロン備品の白いストーブと赤いケトルもよいアクセントに。




クリスマスツリーにはたくさんの種類のオーナメント。
ちえぞうさん渾身の編み込みミトンが冬の楽しみを象徴しているよう。
みんなで考えたシブかわいい作品名も光っていました。




開店直後、最初に並んでくださったお客様たちが次々に入ってきました。
どうやら入場制限がかかっている模様。




外に出てみたら、なんと列は続いていてぐるりとお店を囲むような状態!
スタッフのみなさんはみな笑顔で、レジ・接客・お茶の配布・各種案内に駆け回っていました。


私は結局お迎えギリギリまで滞在、バックヤードで数名の方にトイレの案内をしたくらいで
あとは会場の様子を星飛雄馬の姉(または市原悦子)のように陰から見つめていました。
時々こっそりカメラを構えつつ。



売れる前はこのエプロン群の奥にひそんでました。
売れてしまってからは時々ちびっこが飛び込んでくるので、ストーブをガードしたりして。
声をかけてくださったお客様に試着をすすめて(スタッフでもないのに)背中を押してみたり。
いやー楽しかったです。自分も買いたいモノばかりだからおすすめにも迷いなし!





リバティシリーズのヘアアクセサリーは種類も数も豊富で目うつりしますよね。




ディスプレイとラッピングがぴしっと決まったオリーブせっけんのコーナー。




ふだんはカット台として使われている鏡つきテーブルの前には
女の子のおしゃれの夢をかきたてるラブリーなアクセサリーたち。
小さな子でものぞきこめる高さにスタッフの配慮を感じました。




カルトナージュ作品はすべて7名のスタッフが集まり作業を分担して仕上げたもの。
同時進行で個人の作品を作っていたわけで、時間がない中での努力の結晶です。





もちろんレジ前にもとぎれることなく列ができます。
でもお客様はみなにこやかに待っていてくださってました。
客層が上品って大事ですね!見ていても気持ちがよかったです。

ほとんどの商品が売れてしまった午後遅くにも
スタッフの苦労を知る身近な方々がねぎらいを兼ねて最後まで来店。
あたたかい空気が流れていました。
私もモノ好きの本領を発揮して予算いっぱい買わせていただきました。




すべてはここから始まったのですね。


今回のスタッフにはうちの園の父母の会会長がいます。
その彼女が秋の運動会の開会式で子どもたちに向かって言った言葉が忘れられません。

「今年運動会ができないおともだちがいることを忘れないでください」

実は近年で私が一番ぐっときた名スピーチでした。

29日に至るまでの長い準備期間(その間には幼稚園のバザーもありました)、
この思いが7人のスタッフ全員を最後まで支えていたのだなと思いました。
作るひともも買うひとも楽しみながら、募金に協力できる機会を作ってくれてありがとう。
これからも自分にできることは何か、考えていきたいです。


今回はブログ化してから初の長文記事になってしまいました。
また明日からゆるゆるなTJに戻ります。

ひとり手芸部#50 11/29の出品予定品 その2


ヌメ革ブーツのペンダントも3つ出品します。足のサイズは約2.5cm高さ約2cm。
カジュアルでシンプルな服装に合わせるアクセサリーとして重宝しますよ。
ひもは肌の弱い人にも安心なコットン素材のワックスコードです。


革かごバックも店長HARUさんのアドバイスですべてペンダント仕様に。
同じくコットン素材のワックスコードをつけました。
簡単に取り外せるのでお手持ちのチェーンにつけかえてもよいですね。


以上で制作完了。
11/29(月)は開店前に顔を出す予定です(そして最後は本気買いに再訪?)
Handmadeチャリティマーケットでお手にとってごらんください。
プレビューを見たらほんとうにいいものがたくさん!
ハンドメイドの価値がわかる方ほど喜んでいただけるラインナップです。
じっくり時間をかけて選んで心にかなうお買い物をしていただけますように。

定番おかず:大根のステーキ


いろどりの貝割れは前夜に手巻き寿司をした残りです。


たろさんが揚げ大根を作ってらした。おいしそう!私もやってみなくては。

好旨庵ではレンジでチンした大根をバターで焼き、しょうゆ(またはポン酢)を
からめるだけの大根ステーキをときどき作ります。
野菜の副菜がもの足りないときなどに便利です。

これはすごく簡単ですぐできるわりに結構おいしい(と私は思う)。
でも息子Mは「中が味ない」といいます。
ほんとは中までだしとかコンソメで煮含めたのを焼くといいんですけどね。
そこまでやるとお助けメニューじゃなくなってしまうのであえて封印!


【この日の献立】
・豚肉と大豆のチリコンカン(豚角切り肉・蒸し大豆・たまねぎ・にんじん)
・大根ステーキ+貝割れ
・ごはん(白米)
・野菜たっぷりスープ(キャベツ・じゃがいも・玉ねぎ・ベーコン)