衣をつける僕

コロッケの衣つけを初めてMにやらせてみました。
平日だと時間がないので日曜日に。



右手で卵をつけて、左手でパン粉をまぶす。
言われた通りコロッケ衣つけの基本動作を実践するM。

最初は右と左を同時にやろうとして混乱していましたが、
手を分ける意味はわかっていたらしくすぐ慣れました。

コロッケは工程が多くてひとりで作ると面倒ですが、
家族の好物なのでたまによいしょと作ります。
こうやって手伝ってくれる人がいると楽しくなるかも。


この日のコロッケのできばえは6月5日の献立日記にて→こちら
小さいボール型のはカレー味です。
どうしても同時に2種類食べたいというのが夫の希望。
 

見守られたい僕

息子Mは宿題に集中できずに私にしかられると、
もっと優しくあたたかく見守ってくれる先生を呼んできます。



今日はナック先生だけでは足りずに、ベテランのシロさん先生も。
先生ふたりに生徒ひとりの贅沢な個別指導。

険悪になった空気もこのふわふわの先生たちが和ませてくれるのです。




これはシロさんがうちにきたばかりのころの写真。
旧サイト2007年9月の記事から発掘しました。2歳のM、ちっちゃい!


 

自主的にリベンジする僕

2年前の自分に対するリベンジらしい。

Mが自分で過去の僕twitterをさかのぼって読んでいたら
この記事を発見したのだそう。



前よりは近くなってる?
でも古いデザインの方だよね→ペプシロゴの歴史


それはそうと現在小5のM。
TJを読んで全部理解できるようになってしまいました。

うーむ、もううかつなことはかけないぞ。
そろそろ僕twitterもやめる潮時かな?

・・・とつぶやいたら、


「僕のページやめないで〜!意外と人気なんだから」


と臆面もなく本人が言うので(笑)まだ細々と続けます。
しかしそんな人気、あったっけ??


「少なくともアヒルさんは楽しみにしてくれてるよ」


コメント欄も読んでるらしいです。ハイ。
今後もよろしくお願いします。
いつかMが自分で書く日が来るかもしれません。

おいしければそれでよし


前回は目玉なしでしたが、2回目は無事に成功しました。
写真は目玉焼き丼にして半熟の黄身を崩した瞬間。
結果、きれいな目玉は今回も写ってませんでした・・・。

「目玉なし」を焼いた僕

5年生になったMの近況。


卵を割るところからひとりで目玉焼きを焼きました。



割るときに黄身が流れて、目玉はないけどね。
でも自分で作ったから特別おいしかったそうです。



別の日。体調が悪いと訴えたら、食器洗いをしてくれた。
写真のように並べ方は完璧です。またやってほしい!


むずかしいのは続けてやってもらうことなんだよね〜。
家事の大半は地味なルーティーンだから。
「楽しいからやりたいときにやる」ところからスタートして、
私ができないときに安心して任せられる戦力に育てたいものです。

ひっくり返す僕

大統領選に関するニュースを見ていて思い出した、Mの言いまつがい。



「大統領の奥さんはレディーファーストって言うんだよね?」

う〜ん、惜しい。ひっくり返したら合ってます。





こちらはホットケーキをひっくり返す僕。
参考書にと「しろくまちゃんのほっとけーき」を持ってきた10歳です。

著者「わかやまけん」さんは和歌山県出身なのかと問われました。
調べたら、ご本名をひらがなにしただけで岐阜県のご出身でしたよ。
 

細部が気になるタイプの僕

「ねーねーおかーさ〜ん、これ見て見て!」息子Mの声。
「鳥がいるよ!」



朝食のパンの耳部分です。鳥?




拡大してみたらなるほど、確かにいました。
くちばしを上に向けて翼を下ろしている鳥の姿。



今日もよい一日になりますように。

選択肢が増えた僕

うちのMはいまだにカフェインの入ってる飲み物が苦手で
これまでお茶と言えば麦茶一択でした。
ペットボトルの緑茶も飲めないのです。

でも最近韃靼そば茶を飲んでみたらおいしいと言い出したので、
うれしくて(私が)よく2人でお茶しています。




香ばしくて苦みがなく冷めてもおいしいのが韃靼そば茶。
カフェインなしでもルイボスティーは渋みがダメだそう。

 

事情通?の僕

祖母の喪中ということで今年は自分の分だけ欠礼はがきを出した私ですが、
「みなさまからの年賀状はいつも通りお待ちしています」と書き添えました。
そしたら送ってくださる方もいて嬉しい!ありがとうございます!


そんな元日の配達はがきには郵便局からの年賀状がついてます。
↓こんなやつ。


今年は嵐がキャンペーンキャラクターでした。


これをみたMの新春初twitterです。



こういう汚れ仕事もこなさないといけなくて、嵐の人たちは大変なんだね



サルの耳をつけて撮影されるのが「汚れ仕事」に当たるのかは疑問ですが、
そんな業界用語がインプットされているとは知らなかったよ。


もう全然つぶやきが書かれなくなった冷蔵庫のホワイトボードには
連絡事項がメモされています。



ソファーのクッションの偏りをなくすために入れ替えておいて、
という夫の指示を忘れないために私が頼みました。図解入り。