台北での一日。12年前に通りかかったけれど食べられなかったアレが食べたくて。永康街まで葱抓餅を食べにいきました。他にもお店はたくさんあるんですが、一番有名なお店です。

 

永康街といえば鼎泰豊の本店もありますが、私とariは12年前に入ったことがあり小籠包はもういいや気分だったので行かず。そのときに思っていたよりおいしく感じなかったのです(個人の感想です)

 

有名店なので直射日光の下に10人ほどの列。ariとMには飲み物を買いに行ってもらって、私がひとりで並びました。並んでいるとおばちゃんが注文取りに来てくれるので、種類と数を伝える。順番が来たら受け取って支払う流れでした。

 

近くに永康公園という小さな公園があるので、そこの木陰で座って食べました。大賑わいの街中でほっとする緑のオアシス。念願の葱抓餅は原味(プレーン)で1枚25元(約100円)でした。熱々!ふわふわしつつパイ皮みたいな生地の層がホロホロと崩れます。ねぎしか入ってないのにおいしいです。油が多く使われているのでひとり1枚でおなかいっぱい。お昼はこれで十分でした。小籠包食べなくてよかった。

 

この葱抓餅、実は冷凍のものが日本でも業務スーパーで買えます。帰国後umamiyuさんに教えてもらって買ってみました。5枚入りで360円(税別)だったかと。

 

大きいのでホットプレートで焼いてみた。何度もひっくり返しながら焼くのがコツのようです。

これがなんと!永康街の有名店のに遜色ない味でした。お近くに業務スーパーがある方はお試しあれ〜。なんか甘辛いたれを塗ったら途中で食べ飽きないかも。Mにはチーズを巻いてやりました。