台湾ナ發台南(4)お守りDIYとちょっぴりタイムトリップ編

ここも路地裏をぐるぐるしてるときに偶然(だとしか私には思えない&何の前フリもないさりげなさだったけれど、夫は狙っていて)入ったお寺。間口は狭いのにどんどん奥につながっていて、結果かなり大きい。日本のガイドブックには載ってなかったので、たぶん観光客が大勢集まるところではないと思う。

 

記念スタンプかな?と近づいたテーブルにはDIYの文字が。たくさんおいてあるスタンプはどうやら願いごと別のお札を自分で作るためのものらしい。Mのために「学業成就」的な説明シールが貼ってあるスタンプを選び(親の勝手で切実な願い)、置いてある短冊状の紙に自分で押させました。見たことない字だけど・・・これでいいの?合ってる?

 

Mが紙だけ持ち帰ろうとしたら、後ろで様子を見ていたおばさんが「これに入れて持っていくんだよ」と親切に教えてくれてました。なるほど、セルフお守り袋ね〜。言葉は通じなくても身振り手振りでわかる温かさ。初めて海外に行ったMにはとてもいいお土産になりました。今はランドセルの奥に忍ばせております。

 

日本統治時代に日本人が建てたデパートを近年リノベーションした林百貨。屋上に神社があったり、第二次世界大戦でアメリカの攻撃を受けた穴が残っていたりと昔の気配を残しつつ、中は感度高い若いクリエイターの作品が買える雑貨店やカフェが入ってるセレクトショップビルになってます。

 

売り物だけではなく昔なつかしい生活用品も展示されてたり。PRINCEブランドの足踏みミシンは本体の色遣いがかわいいです。私は小学校で足踏みミシンを習った最後の世代なんじゃないかな。実は電動より足踏みの方が得意だったなあ、なんておもひでぽろぽろ。

 

林百貨といえばレトロなエレベーターがかわいくて観光客に人気ですが、ちっちゃくて乗り場に長蛇の列だったので我々は階段を上りました。この階段も昔の床材を残していていい感じ。

 

木製建具など当時の雰囲気を残しつつのおしゃれリノベ。奥のドアは男子トイレです。狭いので出口わきにハンドドライヤーがついてる。

 

歩き疲れてのどがかわき、中のカフェでお茶。コーヒーが飲めないMのためにフルーツスムージーを頼んだら、ものすごく食べ応えあるシャーベットみたいなのが出てきた。まだフルーツは生のマンゴーがない時期だからかキウイだったけど、これがキウイたっぷりでお値段以上でした。

休んで水分補給したところで、駅に向かってまた歩きます。万歩計つけとけばよかった。台南編は残り1回です。

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply