うちの前の畑には野生のキジがいます。
畑に葉が茂る春夏は身を隠す場所がたくさんあるためか、
目の前の農道を歩いて通るし、ケンケーンと独特の甲高い声で鳴きます。



これはオス。メスもいるけど茶色で地味です。
どっちも人の気配を察すると猛スピードで走り去ります。


さてこのキジに日々慣れ親しんでいる息子Mが
今年キジのテーマソングを作りました。
なんのことはない、かの名曲「アイアイ」の替え歌なんですけどね。


 ♪ケーンケン(ケーンケン)ケーンケン(ケーンケン)
 おキジさ〜んだよ〜
 ケーンケン(ケーンケン)ケーンケン(ケーンケン)
 たば〜この はたけの〜
 ケンケン(ケンケン)ケンケン(ケンケン)
 しーっぽのな〜がい〜
 ケーンケン(ケーンケン)ケーンケン(ケーンケン)
 おキジさ〜んだよ〜♪


・・・あまりヒネリは効いてません。わりとそのまんま。