大阪屋の竹流しと干菓子

弘前のお土産はりんごを使ったお菓子が定番ですが、城下町らしいちょっと通な和菓子もあります。


銘菓「竹流し」です。蕎麦粉を使った薄〜い板状の菓子。麺棒一本の手作業で作っているそうで、ばらつきはあるのですが一枚目を取り出すのが大変なくらいきっちりと詰め込まれています。昔はわからなかったこの淡い甘みが今はおいしいと思います。大人になったもんだ。


干菓子も上品な色で好きだなあ。夏休み明けに友達がきたらお茶に出そうと思って買ったけど、意外とMが好きで食べたがる誤算。なくなるかも。竹流しも「ほのかな甘さがおいしい」そうな。そ、そうなのか。


津軽藩御用菓子司の誇りが看板の文字にも。今度帰省したら、螺鈿の菓子箪笥に入っている生菓子も買って食べてみよう。

裏磐梯→会津若松→つくば

帰省ツアーの帰り道は裏磐梯の湖のほとりのペンションに一泊。お盆休み前の日曜なので宿泊客はわれわれだけ。


会津若松にも立ち寄って鶴ヶ城を見学。山に囲まれた盆地の会津は城下町の気配が弘前と共通するものがあり、心落ち着く街でした。


田んぼアート@田舎館村

アートつながりでちょっと毛色の違うものを。http://www.inakadate-tanboart.net


青森から弘前に戻る途中に立ち寄りました。普通に撮ると収まりきらないので、パノラマ写真でご覧ください。完成度の高さでは日本一かと思います。


今年の第二会場は桃太郎。一番稲の色の違いがはっきりしている見ごろの時期なので混んでました。

私のお気に入り@縄文時遊館

引き続き三内丸山遺跡より。

土偶の破片なんですが、かわいくないですか?なにかのゆるキャラみたい。


ariに教えたら「いちにのさんすうのタップ」と即答しました。昔のEテレ算数番組のキャラクター(おばけ)。知ってるひとはわれわれと同世代でしょう。

アルチンボルド展@上野

昨日義妹Hさんと息子Mと私で、上野の国立西洋美術館に行ってきました。写真は中学生以下(入館無料)がもらえるパンフレットの裏面です。B4サイズで大きく、「夏」という作品の細部をじっくり見られるのがうれしい。


展覧会では本人の作品以外にも同時代の「寄せ絵」が展示されていたのですが、それらは似ていてもキワモノ感が強くて気持ちよく見られないものでした。アルチンボルドの作品は奇想天外であっても品格があり、いつまでも見ていられる魅力がありました。


この展覧会の公式サイトはhttp://arcimboldo2017.jpです。9/24まで。金土は夜9時までやっているので、昨日は涼しくなった夕方に行きました。三連休で混んでると想定し、オンラインでチケットを事前購入していったら全く待たずに入れましたよ。Mも楽しんでいました。

ミジンコ柄の金太郎飴

国立環境研究所夏の大公開で、息子Mがもらってきた金太郎飴。「ブログ用に食べないで持ってきたから写真載せて」と頼まれました。オオミジンコかわいい!


例年環境研のお土産はゴミにならず、ちゃんと日常生活で使えます。それって一番エコな発想ですよね。


ボールペンはふだんから愛用してるuniのJETSTREAMだし、消しゴムはMONOならぬ色違いデザインのNIES(環境研の略称)。エコバッグは毎年昆虫プリントなんですが、生地がペラペラすぎずモノトーンなので大人も持てます。「センスいいよね」と別の研究所に勤務してる夫も申しておりました。

カルピス友の会通信vol.60 意外にも!メロン

副会長のぽぽんちです。通算60回目の友の会通信はずっと気になりつつも避けていたメロン。


事情を知ってる友達(マンゴーとは別の人)が「あえてメロンを買ってみたよ」と手みやげに持ってきてくれたのです。その場で炭酸割りにしたところ、予想外のおいしさ!メロンフレーバーが不自然ではなく、甘すぎないのです。飲まず嫌いだったのね〜。いつも気の利いたプレゼントをしてくれる彼女のセンスに感謝。


炭酸割りだとメロンソーダになるので、バニラアイスを浮かべたクリームソーダもやってたいなと思っています。

カルピス友の会通信vol.59 南国マンゴー

さあ、夏の真打ち登場です!


うちの最寄りスーパーではまだ入荷してないんですが、いち早く見つけたお友達が手みやげで持ってきてくれました。すごく嬉しい!


炭酸割りをみんなで飲みましたが、初めて飲んだ人にも「マンゴーおいしい」「買おうかな」と好評でした。今年はタイトルに「南国」がついてますよ。

男梅サワー

昨夜バーベキューしながら飲んだ「新 男梅サワー」。サワーなのに珍しく甘くないので最近気に入っています。


アルコールに弱くこれ1本で満足できる安上がりな私。改めて見ると女子は買いにくいデザインなのかな?でもおいしいですよ!

カルピス友の会通信vol.58 牛乳と楽しむカルピス

新機軸の「牛乳と楽しむカルピス なめらかミックスベリー」です。普通のピースボトルより背が低いうえに、推奨の希釈割合が「牛乳2:本品1」なので大変割高ですが、副会長は思い切って買ってみました!


でももったいないのでその割合は無視して、通常カルピス程度の濃さで牛乳に加えてみましたよ。


それでもおいしかった。そして子供の頃よく食べたなにかに似ている味わい。そうそう、ミルクと混ぜるだけのフ**チェに似てます。


乳製品だからとヨーグルトにもかけてみたんですが、ヨーグルトの酸味に負けちゃってカルピス巨峰をかけたときとの違いがわからなくなったですよ…。色が似ているために脳が騙されてるんでしょうか?やはり牛乳に加えた方がおいしいです。


このシリーズはバナナもあるのです。会長、バナナ試してみませんか?副会長は及び腰です。