モノ好き番外編:おでん鍋の新しい用途を発見する

モノ好き#123 デッドストックの赤いおでん鍋がうちにやってきてから3年。

実は手持ちの蒸籠の下鍋として使えることにこないだ気づきました!

蒸籠がぴったり乗っかって、蒸気が逃げるすき間がないベストサイズ。

今まで使っていた小さめの中華鍋は入れられる水の量が少ないので、

10分以上蒸すときは途中で湯を追加していたのです。ああ、よかった。

それにしても気づくの遅すぎ!>自分。

私の人生にはこんなふうに見逃していることがたくさんあるんだろうなあ。

モノ好き#145 使い慣れた両面千切り器を再購入する

前回の番外編のコメントで教えてもらった貝印の両面千切り器を無事購入。

ねねさん、ありがとうございました。

 

右が15年私が使いこんだもの。だいぶ黄ばんでます。

左の白いのが今回新たに買ったもの。

耐熱温度が20度上がって、食洗機対応になってました。

それ以外は全く同じだと思う。切れ加減も同じで嬉しい。

 

買うときにAmazonのレビューをチェックしましたが、

それほど高評価ではありませんでした。

やっぱり道具の評価は使い手次第なんだなあ。

ボウルなどの上に渡し、完全に寝かせて切るタイプです。

このスタイルに慣れている人にはよいと思います。

今回の件でロングセラーだとわかったし。

 

実は結婚以来薄切りスライサーは持っていません。

キャベツの千切り用もすごく欲しいなと思うのですが、

自分が使いこなせる自信がなくていまだ包丁で切ってます。

今後の検討課題です。

モノ好き#144 Kalitaの500サーバーN

 

持ち手の赤いネジがチャームポイントです。

 

数年ぶりにコーヒーサーバーを壊してしまいました。

毎朝ハンドドリップで3杯分のコーヒーを淹れて、

ariと半分ずつ飲むのが日課です。

コーヒーだけでなく、紅茶も中国茶もこれで。ないと困ります。

 

今は専門メーカー以外からも多種出ているコーヒーサーバーですが、

わが家の使用頻度を考え、実用性最重視で選びました。

 

モノ好き番外編:道具の選び方を考える

もう15年くらい使っている千切りスライサーがあります。

貝印の製品で単品売りだったもの。たぶんスーパーで買ってます。

値段も当時は1000円しなかった気がする。

 

 

表は太い千切りで、にんじんサラダやしりしりを作るのに必須。

この千切り幅が私の作る料理にちょうどよくて、切れ味もよい。

ボウルに渡したときに固定する溝もあり、安定したストロークで切れます。

 

 

ところがさすがに耐用年数を超えたのか、プラスチックに亀裂が〜!

毎回だましだましなんとか使っています。

 

 

折れて使えなくなる前にと後継の品を探してみましたが、

貝印の製品にはこの表裏で太さ違いの千切り器はもうないようです。

個人的にはデザインも大事だと思っているんですが、

これは引き出しにしまうので実用面を重視して考えたいです。

 

いろいろ調べてみて、ののじのサラダおろしが一番近いかなと思いました。

店頭で実物を見た上でよさそうと判断し、昨年買ってみたのです。

でも実際に切ってみると、やっぱり切れ加減が全然違うのでした。

慣れているボウルに渡す使い方ができないのも一因でしょう。

これはあくまで私の場合で、ののじのほうが使いやすい人も多いはず。

 

道具というのは使う人や使い方が変われば評価は変わるものですね。

同じものがほしいと思っても、ずっとあるとは限らないし。

プロがやってみせる実演販売ではなく、試用販売会があればいいのに。

にんじんを10本くらい持参して、全部試してみてから買いますよ〜!

 

モノ好き#143 2017年干支デザイン瓶マヨネーズ

2017年は酉年。そして酉年生まれの私。

年末年始のちょっとしたお礼や手みやげを渡す機会に、

毎年販売されている干支デザインの瓶マヨネーズを使いました。

 

自分ではわざわざ買わないけど、もらったらうれしいもの。

消えものだけど相当日持ちして、容器は再利用できるもの。

そしてもらっても(あげるほうも)負担にならない金額のもの。

そういう条件を考えて選びました。

 

瓶マヨはスプーンですくって使えるので、

直接かけるより調理に使うときに便利だと思います。

今回さしあげた人はみな家庭の主婦でした。

もしも自分がマヨネーズが苦手だったり使い切れないと思う人でも

常温で1年もつから別の誰かにあげてもらってもいいしね。

 

もちろん好旨庵用にもひと瓶。

 

 

デパ地下でも見かけたけど定価販売だったし重いので、

私は送料がかからないネット通販で買いました。

LOHACOやAmazonなどで売っていますよ。

モノ好き#142 スタイリッシュな球根用ガラス容器

先月私のモノ好みのツボをよ〜くわかっている人から、

水栽培用のガラス容器をいただきました。もう嬉しすぎる!

ストレートタイプは持っていないのです。わーい♪

 

いままでの経験上スタートは早すぎてはいけない。

11月に入ってから球根を載せることにして、

それまでは普通の花器として使うことにしましょう。

 

玄関前で伸びきっていたロータス・ブリムストーンをカットし、

数本挿してみました。球根ホルダーがいい支えになってます。

 

さて気がつくと11月2週目。そろそろ水栽培を始めようと思います。

既存の丸底ガラス器があるので、色違いのヒヤシンス球根を2つ買いました。

 

モノ好き#141 無印良品のアクリル仕切り棚

無印のアクリル仕切り棚の高さ16cmのほうはやはりよいと思う。

 

整理収納界ではかなり有名なのに店舗には置いていない率が高く、

おまけにしばらくネットショップでも在庫切れが続いてました。

最近再入荷しているのに気づいたので買い足そうかなと思案中。

高さ10cmのも使いみちがあるのかな?・・・とか熟考してるうちに

また売り切れたりして。

 

わが家ではキッチン背面の食器棚の中で2つ活用中。

値段はちょっと高いけれど、強度は抜群です。見た目もスッキリ。

そのままでは重ねられない皿が収納できるようになりました。

(ふだんづかいの食器ばかりでおしゃれ感ゼロの画像、失礼しました)

 

ちなみにこのアクリル仕切り棚、今はLOHACOの無印良品でも買えます。

商品数が本家のネットショップとは全然違いますが、

他の買い物と合算し税込1900円で送料が無料になりお得です。

 

モノ好き#140 ほぼ日手帳weeks 2017

ここ2年ほどおまけでもらった手帳を使っていました。

でも来年は今の自分が一番使いやすいだろうと思うものを

フライング気味に前のめりで選んで買ってみました。

 

ほぼ日手帳weeks「カラーズ」シリーズのリネン。

それにクリアカバーのFloatをかけて使う予定。

型押しの年号の色が私の好きな赤なのもツボでした。

 

ほぼ日手帳は過去にオリジナルサイズを使ったことがあるけれど、

持ち歩きたい私にはもてあますボリュームでした。

weeksは長財布サイズで薄めなので携帯しやすいと思います。

 

月間ページで予定を管理し、週間ページは献立日記と買い物メモ。

後方の豊富なメモページはいろんな覚え書きに。

来年は私の日常をこの1冊に集約しようと思っています。

 

前のめりついでに自作のオリジナルグッズも作ってしまいました。

それは近日「TJの革もの」カテゴリにて。

モノ好き#139 STABILOの携帯用鉛筆削り器

夏休み中に小5の息子Mの携帯用鉛筆削りを新調しました。

ドイツSTABILO(スタビロ)社のExamGrade(イグザムグレード)シリーズのもの。

 

色遣いと質感が小さいのにカッコよくて、文具好きの私にはたまらない。

近所の文具売り場で見つけたのですが、お値段もかわいく100円台。

 


この蓋のしまり具合が絶妙なパッチリ感で気持ちよい!

裾つぼまりなケース部分を左手でしっかり保持できるので

さしこんだ鉛筆を右手で回しやすいです。

 

 

Mが使う2B〜4Bの鉛筆はきれいに削れました。

採点用の赤青鉛筆は5年生からボールペンでもOKになったので

今は使っていません。色鉛筆も使わないので削ったことなし。

 

今まではもっと小さい無印良品の 鉛筆削り器 白 を使っていました。

たいていのペンケースに入るだろうミニサイズでこれも便利です。

 

ただ授業中ずっと鉛筆を使うMには削りかす入れがちょっと小さかった。

昨年から使い始めたペンケースは大きく厚みがあって余裕があるため

こちらのスタビロのでも収納できることから買い換えました。

 

家にはハンドル式の大きな鉛筆削りがあるのであくまで携帯用。

でもめんどくさがりのMは家で宿題をするときでも

たいてい席を立たずにこの小さいので削ってしまいます。

削れてない鉛筆で無理矢理書いてるよりはいいけれど。

 

 

夏休みが終わり、今日から学校に持っていきます。

本格的な使い心地はそのうちMにインタビューしてみますね。

モノ好き#138 IKEAのまな板LEGITEM

こないだ義妹が泊まりに来たときにうちの台所で使って、

「コレ、いいね〜」と言われたのがまな板。意外にも。

 

 

好旨庵では現在このまな板を2枚づかいしています。

重すぎず、硬すぎず、適度な大きさがあり、日本製食洗機に入れてもOK。

おまけに1枚199円(税別)と圧倒的なコストパフォーマンス!

 

 

にんじんの色とかなすのアクってだんだん染みついてとれなくなるので、

漂白してもダメになったら迷わず交換。それでも1年近くは使ってます。

IKEAには年に2回くらいしか行かないのでそのときにまとめ買いします。

 

刃あたりや見た目はやっぱり木のまな板の方がいいのだけれど、

手入れがラクで清潔に保てるので、今のわが家にはこれで十分です。

シンク下引き出しのまな板たてにこの2枚とアサヒクッキンカットを含めた3枚が

ぴったり入るのも理由のひとつかもしれません。